So-net無料ブログ作成
検索選択

『インビクタス』 [映画]

監督がクリント・イーストウッド、そしてモーガン・フリーマンとマット・ディモンの主演となると、取りあえず観ておきたい!と、劇場へ出かけてみました♪

私が子供の頃、そうそんな子供でも南アフリカという国は人種差別(アパルトヘイト)の激しい国であるということを知っていました。その国を変えた初の黒人大統領ネルソン・マンデラ氏のお話です。
映画は、彼が大統領に就任した日から始まります。
27年間監獄に入れられていた人が、大統領になってその国を治めて行くことになったのですが、映画からは際立った激しさも気負いも感じません。彼の中には白人・黒人といった問題よりも祖国を一つにまとめるという大きな願いがありました。
おそらく、政治的な打算もそこに存在していたのでしょうけれど、国を纏める一つの手段としてラグビーワールドカップの優勝を掲げます。打算を包み込んでしまう程の熱意と愛情があったからこそ、このお話が感動的なものとして成立しているのだと思います。

ワールドカップに向けてスケジュールの厳しい状況下で、あえて各地の黒人の子供たちへのラグビー教室開催を選手たちに行わせた大統領。そうすることによって、何が変わってくるのか?目先のことに囚われない彼の先見の明に「なるほど~!」と、教えられました。
「赦す」ことの素晴らしさ!・・・・それが出来ることの偉大さを思いました。

南アフリカ共和国の今日がどういった状況なのか?詳しい知識は持ち合わせていませんが、少なくともこの映画の中では、過去ではなく未来を見つめたすばらしい大統領がいました。

インビクタス-負けざる者-http://wwws.warnerbros.co.jp/invictus/#/synopsis
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。